お金に困ったときに即金を作る方法

お金

こんにちは!アキト@akito_crazyです。

お金が無いときって本当辛いですよね。

人によって程度はありますがどんな場合によっても辛いことには変わりありません。

私は今では資産運用や節約や複業に勤しんでおりますが、以前はお金の管理には非常にルーズでひどいときは借金もありました。

その額合計120万円ほどです。

内訳はブランド品のクレジット払いにギャンブルや飲み代に消えていきました。

そんなんだから仮想通貨で200万損失だすんじゃ・・っていう話は置いといて(笑)

当時はあと○○円で生活していなければ・・とギリギリの生活をしておりました。

そのときに色々なお金の工面の策を講じたのでご紹介していきたいと思います。

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードではキャッシング(お金の借り入れ)を利用できます。

コンビニで簡単にお金を引き出せるので大変便利です。1ヵ月後に一括返済であれば1か月分の利息を支払うだけで大丈夫です。

クレジットカードは即日発行もできますし、もしまだ持っていない人は1枚くらい持っておくと何かと便利な場合があるはずです。

また、利用額に応じてポイントがつきますので、高還元でポイントを利用しやすいものが選ぶと良いでしょう。

その2つの条件を兼ね備えたオススメのクレジットカードをご紹介します。

楽天カード
  • ポイント還元率1%

※楽天関連サービスで楽天カード使用によりポイント還元率2倍~4倍
※楽天ポイントカード一体型なら楽天ポイント加盟店利用でさらに0.5%~1%付与

  • 入会特典合計5,000ポイント付与(新規入会特典2,000ポイント、初回利用特典3,000ポイント)
  • 年会費永年無料
  • 旅行保険 海外:最高2,000万円(利用付帯)

↓ 楽天カードの入会はコチラからどうぞ♪ ↓

Yahoo!カード
  • ポイント還元率1%

※Yahoo!関連サービス利用でポイント3倍

  • 入会特典 最大10,000ポイント付与(新規入会特典4,000ポイント、1回利用につき2,000ポイント、3回利用で最大6,000ポイント付与
  • 年会費永年無料

↓ Yahoo!カードの入会はコチラからどうぞ♪ ↓



2つともポイント還元率は1%あり、楽天カードであれば楽天市場、YahooカードであればYahoo!ショッピングでポイント利用ができます。

どちらショッピングサイトも大抵のものは購入できてしまうのでポイントの利用先として大変オススメです。

また2つのカードとも入会特典があります。Yahoo!カードであればなんと最大10,000円!!

使う予定は無いけどとりあえず持っておくという方にも十分メリットがあります、というよりこれらの特典であれば作らないと逆に損なので検討してみてはいかがでしょうか。

消費者金融から借りる

消費者金融と聞くと悪いイメージがあるかもしれませんが、長期的に借りるのではなく一時的な利用であれば良いと思います。

むしろ友人や家族に借りるくらいであれば企業からお金を借りたほうが後腐れ無くて良いと思います。

消費者金融であれば即日審査即日発行でお金を借りることができます。よほど信用調査で悪い評判が無ければ大抵は借りられます。

また、新規利用で1ヵ月間利息無しというキャンペーンをやっている会社もありますので、短期利用であればオススメです。

30日間無利息キャンペーン中のキャッシングのフタバ

銀行系カードローンの利用

もしある程度中長期的にお金を借りる必要がある、または一度に高額なお金を借りる必要がある場合は銀行系カードローンの利用をオススメします。

まず銀行系カードローンは消費者金融と比べて大幅に利率が低いです。もし消費者金融で借りているお金があれば銀行系カードローンでその分借りて返済してしまう(借り換える)ほうがお得です。

唯一のデメリットは審査や手続きに時間がかかるため即日借りられない可能性が高いです。銀行にもよりますが2~3週間程度はみておいたほうが良いでしょう。

それまでの繋ぎとして消費者金融でお金を借りるのはアリだと思います!

給与日払いのアルバイトや派遣をする

お金が必要なのが今日の明日とかでなければ普通に働くほうが手っ取り早いです。

面接などで若干時間はかかりますが、急募の案件であれば早ければ1週間くらいで働くことができるでしょう。

求人にも給与日払いができることをアピールしている企業も多いので、そういったアルバイト先を選定して面接を受けに行きましょう。

特に人材派遣であれば時給も高くなりやすいのでオススメです。

給与の前払いをしてもらう

もし今働いている方は給与の前払いをお願いする方法もあります。

労働基準法25条(非常時払)では、「使用者は、労働者が出産、疫病、災害その他厚生労働省令で定める非常の場合の費用に充てるため請求する場合においては、支払期日前であっても、既往の労働に対する賃金を支払わなければならない」

とされています。

つまり、非常時であれば働いた実績分であれば会社に前払いを請求でき、会社はこれに応じなければならないと法律で定められているのです。

自分のお金が必要な理由(きっかけ)は上記に該当するか考えてみましょう。

該当しない場合でも上司に相談すれば1度だけなら許してくれるかもしれません。

不用品の売却

今はメルカリ等のフリマアプリで家にある不用品を販売してお金に変える人が増えています。

面倒だから捨てる人もいるかもしれませんが、それ勿体ないです!

メルカリが算出したデータでは1世帯あたりのかくれ資産(不用品)額は約70万円というデータが出ています。

私も最近不用品をちょこちょこメルカリで販売しているのですが、2ヵ月程度で6万円分売れました。

他にも出品していますし、まだ出品できていない不要品もありますので軽く見積もっても20万円分くらいはいくのでは?と思っています。

ただし、売上金の引き出しには申請して3週間くらいかかりますので注意が必要です。

友人や家族から借りる

これまでに紹介した方法よりまず先にこちらを思いつく方が多いと思いますが、正直どちらもオススメしません。

オススメしない理由は以下のとおりです。

まず友人は関係が悪化する可能性があるからです。

1~2万円程度ですぐに返せる見込みがあるのであれば良いですが、それ以上の金額であったり、返却するのに数か月かかる見込みの場合は避けたほうが良いです。

金の切れ目は縁の切れ目というように、お金って人の心を変えてしまう力があるのです。

縁は切れなくとも関係にシコリが残る可能性は十分にありますので注意してください。

もし友人に借りるくらいなら家族に借りたほうが良いです。家族であれば中々縁は切れないですからね。

しかし、当たり前ですがかなり心配されると思いますよ。もし家族に借りる場合は、二度と借金はしないと誓った上で借りないといけないかもしれません。

このような面倒をするくらいなら多少の利息を払ってでも企業に借りたほうが良いと思います。

あまりの大金であれば家族が良いという考えもありますが・・

最後に

急な出費は誰しも発生する可能性はありますが、今回ご紹介したような内容をしなくても済むように普段から貯金をするように心がけましょう。

普段の生活でかかっている固定費を見直すだけでも1~2万円節約できる場合があります。

短期間でみると微々たるものですが、10年20年と長期間で見れば数百万単位で節約できることになります。

ちょっとした節約が長い目で見ればおおきな貯蓄になる可能性もありますので、普段から余計なものにお金を使わないようにして緊急時に貯金から出せるように準備をしていきましょう。