ランニング用にBluetoothイヤホンを購入したのでレビューする

ランニング

最近ランニング用にBluetoothイヤホンを購入して実際に使ってみたのでレビューします。

購入したイヤホンはELECOMのLBT‐HPC12という商品です。
エレコム Bluetooth ブルートゥース イヤホン ワイヤレス フラットケーブル φ9mmダイナミックドライバー 1ボタン操作かんたん接続 1年間保証 ブラック LBT-HPC12MPBK

購入に至った理由

ランニングで使いたかったから

一番の理由は最高のランニング環境を整えるために購入しました。

それまでは、ウエストポーチにスマホを入れて、そこからイヤホン(コード有)を出して聞いていました。

しかし、ランニング中にスマホを持たなくて済むようにapplewatch3を購入したことから音楽を聴くにはbluetoothイヤホンが必要不可欠となったのです。

iphoneにイヤホンジャックが無くなったから

iphone7以降イヤホンジャックが廃止されました。私が使っているスマホもiphonexなのでもちろんイヤホンジャックがありません。

何で無くしたんだよーって思うところですが、無いものは無いので仕方ありません。

一応変換プラグを使えば充電器のところから音楽を聴けるのですが、少し面倒に感じてしまいました。

そんなこともあり、1本くらいbluetoothのイヤホンは持ってても良いだろうと思い購入に至りました。

購入したイヤホン

私が購入したイヤホンは左右一体型となります。

Bluetoothイヤホンもいくつか種類があるので簡単にご説明します。

①左右一体型イヤホン

私が購入したイヤホンです。

一番オーソドックスなイヤホンですので種類も豊富で、価格も安い商品から高い商品まで様々あります。

片方のコードについているコントローラーでスイッチのオンオフ等をします。

②ネックバンド型イヤホン

首のところが固定されるようなタイプのイヤホンです。

固定されるため安定性があり落ちにくくなっているためランニング等にオススメです。

③完全独立型

ケーブルが無く、それぞれが独立しているイヤホンです。AppleのAiepodsが代表的ですね。

こちらもスポーツやランニング時の使用にオススメです。

再生時間が短いものが多いのがネックです。

使い方

①電源のON-OFF

コントローラーのボタンを長押しすると、ランプが青く点灯します。これで電源ONの状態です。

逆にもう一度ボタンを長押しすると、ランプが一瞬赤く点灯します。これで電源OFFになります。

②Bluetooth接続

イヤホンのコントローラーのボタンを電源ONになってからもさらに長押しすると、ランプが青と赤交互に点灯します。

その状態のときにスマホや音楽プレイヤーのbluetooth設定をすれば接続します。

③充電

付属の充電ケーブルにコントローラーを繋げば充電できます。

使ってみた感想

①コードに繋がれている感覚が無くなった

今までランニング中に音楽を聴くときは、ウエストポーチにスマホを入れてコード有のイヤホンを繋げることで聴けていました。

しかし、走っているとコードが上下左右に大きく揺れて気になったり、何かに引っかかって取れてしまうこともありました。

その点、左右一体型のイヤホンは一応コードには繋がれていますが、その長さがとても短いためあまり気にせずにランニングをすることができます。

②見た目がスッキリしている

コードの長さが短いため見た目的にもスッキリしています。

鞄に入れるときにも、これまでの普通のイヤホンのようにコードをぐるぐる巻きにする必要が無く、そのまま収納できます。

③コントローラーが少し重い

重いと言ってもさほど気になるレベルでは無いのですが、ランニング中だと気になります。

どうしても動きに合わせて、コントローラーが上下に揺れてしまいます。

そのため、私はコードが首の後ろにくるようにしてイヤホンを装着しています。

このようにすることにより、コントローラーの上下の揺れを抑えることができ、ランニング中も気にならないようになります。

④充電をしなければならない

これは宿命ですが、充電をしなければ音楽を聴くことができません。

そのためランニングをする前や移動の前は充電をしておく必要があります。

これが普通のイヤホンと比べると面倒に感じる点です。

ちなみに充電が無くなりそうになると曲が変わる度に小さな機械音をして知らせてくれます。

結論:左右一体型イヤホンは普段使いには超オススメ

左右一体型イヤホンは普段使いにはかなりオススメだと思います。

ネックバンド型のように固定されることもなく、完全独立型のように再生時間が短くもありません。

しかし、ランニング中の使用については完全独立型をオススメします。やはり左右一体型やネックバンド型のように、片方のコードにコントローラーがついているとどうしても重さが違うのでランニング中は気になってしまいます。

その点、完全独立型であれば軽量で左右同じ重さなので気になりません。

また、再生時間は短いですがランニングする分にはほとんどの場合問題無いはずです。
エレコム Bluetooth ブルートゥース イヤホン ワイヤレス フラットケーブル φ9mmダイナミックドライバー 1ボタン操作かんたん接続 1年間保証 ブラック LBT-HPC12MPBK

最後に

Bluetoothイヤホン自体は、コードが無い分、普通のイヤホンより快適に使える場合が多いのでオススメです。ご自分がよく使う場面に合わせて種類を選んだほうが良いしょう。

以上「ランニング用にBluetoothイヤホンを購入したのでレビューする」でした。