株価暴落したのでロボアド投資を始めてみた!メリット・デメリットについてお伝えします!

ロボアドバイザー

2018年12月25日、サンタクロースはとんでもないクリスマスプレゼントを置いていきました。

日経平均株価は1年3ヵ月ぶりに2万円の大台を割り込みました。1日の下げ幅は1,000円を超え、株価に対して5%の下落幅となりました。

これはリーマンショックの破綻直後の下落幅と並んでいます。

アキト
あ、そういえばロボアド始めよう・・

この暴落したタイミングで、以前から興味のあったロボアドバイザー投資を始めてみることにしました。

これまではFXや株式投資や仮想通貨を裁量トレードをしていて収支も不安定な状態ではあったので、何か手堅い投資を始めようと思っていたのです。

この記事では、ロボアドバイザー投資を始めた私がメリットとデメリットについてお伝えします。

ロボアドバイザー投資とは

ロボアドバイザー投資(以降ロボアド投資)とはAI(人口知能)を活用した投資信託です。

ロボアド投資は最先端の投資理論を基に投資家のリスク許容度に応じた最適なポートフォリオ(保有資産の構成)を提案してくれます。

簡単に言うと、自分が許容できるリスクの範囲で何にどれだけ投資すれば良いか、人工知能が勝手に選んでくれて投資をしてくれると言ったところでしょうか。

これを自分でやるとなると投資信託商品をそれぞれ調べて自分で組み合わせるといった手間が加わります。

また、ロボアド投資では株式のみならず債券・不動産・金・原油などでポートフォリオを形成してくれるのでリスク分散にもなります。

アキト
下手に自分で投資信託を選ぶよりリスクが少ないと言われています!!

代表的なロボアドバイザー

ウェルスナビ

  • 投資一任型のロボアドバイザーの中では最も人気
  • 税金の負担を軽減させる機能搭載

WealthNaviは私も使っているロボアドバイザーです!

THEO(テオ)

  • 最低入金金額が1万円~となっており気軽に始めることが可能
  • 投資初心者向き(投資未経験が半数以上)

THEOは投資額10万円はちょっと・・という方にはオススメ!

楽ラップ

  • 相場急変時のリスク回避機能搭載
  • 手数料は年1%未満と安い

楽ラップは相場が急変したときの損失を抑える機能がついているので安心!

ロボアドバイザー投資のメリット

手間がかからない

私たちが設定するのはリスク許容度のみです。

リスク許容度が高いほどリターンを大きくする可能性が高まります。逆にリスク許容度が低ければ安心な運用をしながらある程度のリターンを望めます。

投資信託を自分で選ぶ場合はその商品の特性を調べたり、他の商品と比較したりと非常に手間もかかります。

ロボアドバイザーの場合は、そのような手間をかけずともリスク許容度に応じた最適な投資商品で分散投資してくれます。

投資の知識が無くても始められる

ロボアドバイザーを利用することでプロの投資家が行っているような投資をシステムがしてくれます。

ちなみに2017年は各社このようなリターンとなっています。

最高運用実績 最低運用実績
WealthNavi 16.2% 4.5%
THEO 12.9% 1.9%
楽ラップ 15.6% 4.1%

2017年は株式が好調な年ではあったのでその影響が出ているかと思いますが、3社ともプラスリターンで1年を終えていることが分かります。

少額から投資を始められる

THEOであれば1万円~、WelthNavi・楽ラップは10万円~運用することができます。

10万円は投資の世界で言えば安いものです。そういった意味では気軽に投資を始めやすいのも特徴です。

少しでも余剰金を銀行口座に寝かせておきたくない人は少額から投資を始めていくのも良いでしょう。

また、自動積立投資もできますので、少額から始めてコツコツ貯めていく運用もオススメです。

口座からすぐに引き出せる

もし出金や解約をしなければならなくなった場合は、いつでも出金指示を出すことができます。

ロボアドバイザー専用の口座から自分が指定した口座に入金されるまでおおよそ3営業日くらいかかります。

しかし、土日祝を挟むと1週間ほどかかってしまう場合がありますので、本当に緊急なときには不便に感じる場合もあるでしょう。

ロボアドバイザー投資のデメリット

元本割れのリスクがある

どの投資でもそうですが元本割れのリスクはあります。2018年12月25日クリスマスの日経平均株価暴落では資産の10%以上が元本割れしてしまった人の悲鳴がTwitterで多く見られました。

しかし、継続的に積立を行っていれば時期ごとの景気に左右されずにコツコツ運用資金を多くすることができますので、自動積立は元本割れのリスク回避の策となります。

手数料がかかる

運用の手数料として年1%程度の手数料がかかります。

しかし、もし自分で複数の銘柄に投資をする場合はこれよりも手数料はかかってしまいますので、そちらと比較すれば手数料は安いと言えるでしょう。

短期的に大きなリターンは得られない

平均年利5%~10%と言われていますので、短期的に2倍・3倍といったリターンを求めることはできません。

そういった投資をしたい方は株式投資・FX・仮想通貨などをオススメします。

しかし、長期的に見れば複利の効果もあり大きなリターンを目指せる運用になりますので、長い目で見るようにすればデメリットではないかと思います。

とりあえずウェルスナビで90万円投資

運用資金としてまずは90万円を入金しました。

本当は100万円で開始する予定だったのですが、振込制限が100万だったので1回で振込ができずとりあえず90万円でスタートしてみました。

初日の運用結果は・・・

アキト
すでに14,740円のプラス収支となりました!!

まあ、暴落からのリバウンドに上手く乗れたのだと思いますが、早くもロボアドに期待しています。今後は月に3万円を自動積立をしていく予定です。

定期的に運用報告はしていきますのでお楽しみに!