【レビュー】マイクロソフトの高級ワイヤレスマウス「Arc Touch Mouse」を1年使った感想

ガジェット

パソコンやパソコン周辺アイテムにこだわりを持っていますか?

特に仕事に使う場面が多いので、安物ばかり使っていては良い作業はできません。

自分の仕事のスタイルにあった質の良いアイテムを揃えていくことはビジネスマンにとって必要なことかと思います。

そこで今回は、私が使用しているマイクロソフトの高級ワイヤレスマウス「Arc Touch Mouse」についてレビューしていきます。

スペック

まずは基本スペックです。

・型番/RVF-00062

・価格/8,180円(税抜)

・対応OS/Windows10,Windows8,Windows7,WindowsRT8.1,WindowsRT8

・接続/付属のBluetoothレシーバーによる接続

・電池/単4型乾電池2本

マイクロソフト ワイヤレス ブルートラック マウス Arc Touch Mouse ブラック RVF-00062

ふむふむ、は?8,180円???しかも税抜価格だから税込で8,835円ってほぼ9,000円やんけ!!高すぎ!って思いますよね普通。私もそうでした。

なぜ購入しようと思ったのか

マイクロソフトはもちろん高級マウスとして打ち出していませんので適正な価格として販売しておりますが、一般的なマウスより5倍~6倍の価格なので高級と言っても良いでしょう。

では、何故購入に至ったのか・・・

このように近未来感がハンパなかったからです(笑)

車で例えるならスーパーカーのようなスタイリッシュさがこのマウスにはありませんか?

一般人がスーパーカーを見て、どうやってドア開けるんだよ?と思うように、私はこのマウスを見て、どうやってボタン押すんだよ?どうやってスクロールするんだよ?と思いました。

また、ノートパソコンだとパソコン本体以外で自分らしさを出していくにはマウスを変えていくというのも1つの方法です。

私は近未来感を感じるアイテムが特に好きなので、この圧倒的な存在感とハイテクさを備えた「Arc Touch Mouse」を購入する決心を固めました。

いやーしかし、高かった・・・(笑)

基本動作

①スイッチのON-OFF

折り曲げることによりスイッチがONになります。

逆に真っすぐに戻すことによりOFFとなります。

よくワイヤレスマウスを使うとありがちなのがスイッチ消し忘れですが、このようなスタイルでスイッチのON-OFFをするせいか忘れにくいです。

また、わざわざ裏の小さいスイッチを指で切り替えることなく、上からポンと押せばマウスが真っすぐになりスイッチが切れるので非常に楽です。

ちなみに、電源がONになったときはランプが緑に点灯します。また電池の寿命が少なくなったときは赤く点灯します。

②スクロール

そして一番気になるスクロールについてです。

こちらのシルバーのところを指でなぞるとタッチセンサーが反応しスクロールできます。

指に伝わる小さな振動で作動していることが分かり、そのときはカタカタ小さな音がします。

音量はタイピングより全然音が小さいので気にならないレベルかと思います。

スマホで画面を指ではじくとスクロールが進むように、こちらのタッチパネルでも指をはじくと同様にスクロールします。

すごい下まで画面を動かしたいときは普通のマウスだと何回も指でなぞらなければなりませんが、こちらのマウスだと指をピンっとはじけばスマホのように直感的に動かせるのです。

③Bluetoothレシーバーも小さくて持ち運びに便利

この小ささなのでノートパソコンに挿しっぱなしでも持ち運びに全く気になりません。

また、もし外したい場合でも裏面が磁石になっているため、このようにマウスにくっつけて持ち運ぶことができます。

私もマウスにくっつけて持ち運んだこともありましたが、結構しっかりくっついているので移動中に取れていたことはありませんでしたよ。

その他のレビュー

①とにかくカッコいい

何回も言っていますがこのマウスの良いところは、とにかくカッコイイ!これに尽きると思います。

あまりにもスタイリッシュなので、置いていたら勝手に進んでいなくなってしまいそうな雰囲気さえ感じます。いや困るか(笑)

これを使っているだけで周りから必ず声かけられます。「え、何これ?」って(笑)。そんなときはドヤ顔で自慢しましょう。

②収納がしやすい

電源OFF時の真っすぐな状態であればとにかく収納がしやすいです。

非常に薄い作りなのでポケットや鞄にすっぽり入ります。小さなスマホを鞄にしまうくらいの感覚です。

以前胸ポケットに入れていたら、スマホと勘違いして電話に出そうになりました(笑)まあ、出れないですけど。

③感度の良いセンサー

私のデスクは木製ですがツルツルしている素材で、安いマウスだと反応しない場合もありましたが、こちらのマウスは全く問題なく使えました。

きめの粗い木材の表面やカーペットの上でさえも使えるようですね。ただし、透明ガラスや鏡の表面では使えないようです。

それと、なんと10m離れたところでもワイヤレスにパソコンを操作することができるようです。まあ、画面は見えませんけどね。

④タッチパネルが良い

スクロールのみですが、スマホのように感覚的に操作できるところは使いやすくて良かったです。

逆に行き過ぎてしまうこともありますが、慣れてくれば簡単に操作できます。

また、スクロール中にカタカタ音が鳴るのですが、それが周りとの差をつけている感じが私だけかもしれませんがありました(笑)

⑤仕事のモチベーションが上がる

上質な商品は仕事のモチベーションを上げてくれます。

このような近未来的でスタイリッシュなマウスがパソコンの隣にあったら、仕事がデキる感がハンパないですよね。

果たして8,180円の価値があるのか

ボタン操作等の機能面については、タッチパネルのスクロール以外は至って普通です。

実際にボタンは右クリックと左クリックの2つしかありません。

複数のボタンがあって、それぞれにショートカットを設定したりしている人にとっては、物足りない作りになっているのかもしれません。

こちらのマウスはとにかく見た目のカッコよさと収納面が優れています。外出先でよくパソコンを使用する人には大変お勧めです。

そこに魅力を感じなければ高すぎる商品になってしまうのかなと思います。

ちなみに、今ではAmazonで6.769円で販売されていますのでお求めやすくはなっています。
マイクロソフト ワイヤレス ブルートラック マウス Arc Touch Mouse ブラック RVF-00062

最後に

全体的な感想としては大変満足しています。

ただ、もう少し安ければ良かったという気持ちはありますが・・・(笑)

私のように外出先でパソコンを使用する機会が多く、パソコン周辺機器にこだわりたい人は購入してみるのも良いかと思います。

以上、「マイクロソフトの高級ワイヤレスマウス「Arc Touch Mouse」を1年使った感想」でした。