ブログ記事の外注化!ランサーズで記事作成をお願いしてみました

ブログ

先日とあることからアフィリエイト記事作成の外注をしてみました。

利用したサイトはクラウド・ソーシングを提供する「ランサーズ」です。

収益も上げてない初心者が最初から楽してんなよ!とどこからか叱責の声が聞こえてきそうですが、せっかくなので記事作成の外注の経緯と、ランサーズ登録から発注までの手順と利用した感想について記事にしてみました!

なぜブログ初心者が記事作成の外注をしたのか

こちらのブログとは別にアフィリエイトサイトを作成しているのですが、そちらで使用する記事を発注してみました。

決して記事作成が面倒になったわけではないですよ(笑)

外注化した理由は2点あります。

自分で稼げるようになったときに効率化を図りたいから

自分で稼げるようになったら、収益を最大限増やせるようにどこかの工程を外注化したいと元々考えています。

しかし、今回はその理由でというよりはお試しの感覚のほうが強かったですが・・

あわよくば作成してもらった記事で収益を積むことができれば無駄金にはならないはずですので、ある意味投資としてお試しでやってみたというところです。

1年後くらいのスパンで記事に対して支払った金額をその記事が回収していってくれれば理想だな、と考えています。

自分より経験がある人の記事を扱うことで勉強になると思ったから

ランサーズに登録しているライターさんは、もちろん初心者の自分よりも実績がある人がほとんどです。

そういった方が作成した記事を、自分で内容をチェックして投稿することで得るものがあると感じたからです。

しかし、今回は単価を低く記事を集めてしまったので、次回はゴリゴリのプロに高単価で記事作成を依頼してみることを試しにやってみたいと思っています。

ランサーズとは

日本最大級のクラウド・ソーシングを提供するサービスです。

クラウド・ソーシングとはオンライン上で不特定多数の人に仕事を発注することです。ランサーズではこの不特定多数の人を「ランサー」と呼んでいますが、ランサーは気になった仕事の募集を見て、参加したいものに参加するといった形式で業務が行われます。

クラウド・ソーシングは企業から個人、または個人から個人にオンライン上で手軽に仕事を依頼できる仕組みとなっているのです。
日本最大級のフリーランス総合支援サービス【Freelance Basic】

どういった仕事があるの

ランサーズに登録されている案件数は現時点で134万件もあります。

データ入力やアンケート等の簡単な仕事から、記事作成やキャッチコピー作成、ウェブサイトの作成、ロゴやバナー作成、動画作成、システム開発、アプリ開発、翻訳・・・といった業務まで様々あります。

専門知識がある方はもちろんですが、パソコンの入力程度ができればできる仕事も多数あります。

登録から発注までの流れ

①会員登録する

当たり前ですがランサーズのHPで会員登録をします。

一般的なサイト登録と同様にメールアドレス・パスワードを登録しますので、画面に沿って入力していってください。

次に、プロフィールの作成をしてます。これも一般的な内容を画面に沿って入力してもらえれば大丈夫です。

念のため項目は以下の内容を入力します。

  • 区分(法人or個人)
  • 氏名
  • 性別
  • 職業
  • 生年月日
  • 都道府県

その他にプロフィールの詳細やプロフィール画像を設定できますが、とりあえず飛ばしてしまっても大丈夫です。

登録についてはこれで完了です。

SNS経由での登録もできますので面倒な方はそちらからお願い致します。

②仕事を発注する

次に仕事を発注する方法です。

仕事依頼の方法は2つありますので以下に説明を記載します。予定する発注内容に沿って選択してもらえれば大丈夫です。

1. コンペ方式

完成品の提案をランサーから受けて、良い提案をこちらで選んで報酬を支払う方法です。主にロゴやバナー制作、キャッチコピー募集等の1つの作業で完結する仕事に向いています。

2. プロジェクト方式

まずは見積りや納期を含めた提案をランサーから受けて、良い提案をこちらで選んでから仕事を始める方法です。そして完成品の納品を確認して報酬を支払う方法です。

どのような業務にも対応できますが、主に記事作成やシステム開発などが向いています。

 

私の発注は記事作成ですので、プロジェクト方式により仕事の依頼を行いました。

仕事の依頼にあたっては専用のフォームがありますので、そちらに依頼内容・金額・納期・その他条件等を記載して登録します。

同様の案件の説明文の雛形も使えますので、必要なことはそれに沿って入力すれば大丈夫です。

③提案を受ける

こちらで設定した提案受付期限までは仕事を応募したランサーから提案を受けられます。

金額や納期の交渉が行われるので、もらった提案が受け入れられる範囲なのか検討します。

このときにランサーの仕事の実績も確認すると良いでしょう。過去に仕事を発注した方からの評価を確認して信頼できそうな方かも含めて検討します。

交渉はランサーズ内のダイレクトメールにて行われます。

条件のすり合わせができたら仕事を依頼するランサーを決定し正式発注します。この時点で料金はランサーズに一時支払います。

もし、提案してくるランサーが1人もいなかった場合や、確実に実績がある人にお願いしたい場合は、認定ランサーに直接相談するのも良いでしょう。

④記事の納品

あとは期日までに記事の納品を待つのみです。

私の場合は1記事毎に納品をお願いしていたので1記事ずつ五月雨に納品されていました。

記事の修正もある程度であれば依頼できます。さすがにコピペとかでない限り全部書き直させることは難しいと思いますが・・

全ての記事の納品が完了したら、完了報告をランサーズに報告すると、ランサーズから受注者に料金が支払われます。

⑤ランサーの評価

最後にランサーの仕事がどうだったか評価を入力します。

これが他の発注者の選択する基準となりますので、良くやってくれたランサーには良い評価をしてあげましょう。

 

以上が会員登録から発注・納品までの流れです。

料金と納品された記事の質はどうだったか

記事を作成してくれたランサーがとても良い方で、提案から納品までスムーズに行うことができたので満足でした。

料金は30,000文字(2,000文字×15記事)の発注をして15,000円の報酬支払と設定しておりましたが、ランサーズに支払う手数料が5,000円ほどしたので合計で20,000円ほど支払いました。

手数料については少し高いなと思いましたが、記事の質も良かったので妥当なのかなとは思っています。

これでランサーに満足できなかったら不満は残るだろうなと思いました。

今後記事作成外注先として使えるのか?

記事作成外注先としては十分使えます。仕事を継続的に発注していくことでランサーとの関係性もできてきますので、色々な要望に応えてくれると思います。

今後は認定ランサーといった実績がある人に記事を書いてもらうこともしていきたいと考えています。

受注する側としての利用もアリ!

今回は発注側の説明をしましたが、もちろん受注する側として利用もオススメです。

まだ私は仕事依頼を受けたことは無いのですが、自分の作成した記事をすぐに収益化するにはクラウド・ソーシングを利用すると良いでしょう。

記事作成でなくてもデータ入力等の簡単な仕事もありますので、副業やお小遣い稼ぎで始めてみるのも良いでしょう。