仮想通貨の暴落で200万円失った話

仮想通貨

私は2017年の12月の中旬頃から仮想通貨投資を始めました。

その付近から仮想通貨投資を始めた人を出川組と言いますが(やばいよ~やばいよ~と出川が言うコインチェックのCMが流れはじめたから)、その中でも先発組といったところでしょうか。

つまり、仮想通貨の急上昇を経験し旨味を味わった上で大暴落に巻き込まれた世代です(笑)。

この記事では2018年に大暴落となった仮想通貨を今でも持ち続ける私が経験したことと、仮想通貨投資について思うことをまとめてみました。

仮想通貨を始めたきっかけ

最初に仮想通貨の存在を知ったのは2017年の初め頃です。新聞を読んでいたときに仮想通貨の記事があったことがきっかけでした。

アキト
仮想通貨?ゲームで使うお金のことかな?

当時はそのようにしか思わず特に調べもせずスルーしてしまいました。

アキト
このときに投資し始めていれば今頃億り人になっていたかも・・

その後何かの拍子でビットコインが40万円代のときに始めて価格を見ましたがこのときもスルー・・・。

また少しするとビットコインの価格が80万円付近にいってるではありませんか!

すぐにビットコインについて調べました。非常に可能性を感じたので投資することを決意しましたが、この時点でも凄まじい暴騰だったのですぐに投資すると高値掴みになるのでは?と考え押し目(価格が下がってきたところ)を待つことにしました。

しかし価格は下がらずあれよあれよと言う間に200万円まで到達してしまいました。

アキト
もう投資センスないよ俺は・・

最終的にはビットコインが170万円のところで投資を開始したのです。

いざ運用スタート!

口座に入金

最初に50万円を入金しました。

投資した通貨はビットコイン(BTC)リップル(XRP)にしました。このときはビットコイン170万円程でリップル120円程だったと思います。

運用開始してほどなくするとリップルが好調!これはいけると思いさらに50万円追加投資をしました。

リップル(XRP)とネム(XEM)に組み換え

このときはリップルやネムといったビットコイン以外のコイン(通称アルトコイン)が盛り上がっていた時期だったのでリップルにさらに増資。

また、ビットコインが軟調だったので全て売却して分散投資としてネムを110円程で購入しました。

比率としてはリップル70%、ネム30%といったところです。

含み益100万円へ

その後リップルとネムは年明けにかけてどんどん価格を伸ばし、1月のピーク時には403円となり、ネムは240円に到達しました。

このときに含み益は100万円以上となり、すっかり仮想通貨の可能性を信じ切っていました。

アキト
このときに半分でも利益確定すれば良かった・・

その後ネムが軟調になってきたのでネムだけ売却したのですが、すぐにまた上がり始めたのでまた購入し、手数料だけ無駄に払うこともありした。

暴落の始まり

1月の中旬に韓国政府が打ち出した取引所の閉鎖方針をきっかけに暴落が始まりました。韓国は仮想通貨取引が盛んなので、このニュースに市場は大きく反応しました。

毎日数十万単位で暴落と調整を繰り返す中、毎日ソワソワしながらチャートを見ていたことを記憶しています。

利益がどんどん減っていきましたが、これまでずっと暴騰してきましたし、どこかで調整があるだろうと思っていたのでそこまで気にしませんでした。

アキト
むしろ絶好の買い場やんけ!!

そう思ってさらに50万円をリップルに追加投資(笑)

その後とうとう含み益が全て焼かれて含み損を持つことに・・・

アキト
こうなったらナンピンじゃーw

そう思ってさらに50万円をリップルに追加投資(笑)

結果は言うまでもありませんねw

コインチェックハッキング被害

ナンピンしても上がらなかった仮想通貨の価格はどんどん下がっていき、ついに100万円近く含み損をかかえている状態に・・

いつもどおりコインチェックを開いているとネムの売買停止のお知らせがありました。不正なアクセスが発見されて確認しているとか。

ちょうど会議中だったのですが、不安になりYahooを見てみるとニュースに「コインチェックのハッキング被害」が見出しに載っているではありませんか!しかも流出したのは大量のネム

不安感が一気に積もり仕事どころじゃありませんでした。今まで投資で十万単位の損切をしたことはありますが、さすがに一度に200万円失うのはダメージが大きすぎたのです。

確かその日の夜23時頃に記者会見がありましたが、580億円という流出額を聞いたときは絶対一企業が支払えないだろ、と誰もが思ったでしょう。

アキト
ネムは最悪いいからリップルだけでも返して!!

本当にこの頃はダメージから立ち直れませんでしたね。

ネムの補償

事件発覚の1月26日から約1ヵ月半後にネムの補償をする目途が経ったと発表され、その後当時のレート88.549円にて補償が開始されました。

補償が開始されたときのネムの価格はすでにこちらより下がっていたので、価格的には満足いくものでした。

他の通貨の売買も順次再開するとのことで、一先ず安心することができました。

そして、ネムの補償金をリップルと若干のネムに追加投資しました。

販売所は分散させたほうが良いと思い、DMMビットコインの口座とザイフの口座を開設してそちらに入金しました。
また、リップルについてはハッキング被害の対策として【ハードウェアウォレット】に保管するようにしました。

リップル(XRP)2018年最低価格を記録

その後一度5月ごろにリップルが100円を超える暴騰を見せたのですが、8月には2018年最低価格である26.686円を記録。

私が投入した200万円は40万円ほどになっていました。もうこの時期以降は価格が下がっても何も感じなくなってきている自分がいました。

ザイフハッキング被害

9月にハッキング被害が発生。総額70億円ものコイン(ビットコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン)が流出しました。

数ある取引所・販売所の中から3つ選んで口座開設したのに、そのうち2つがハッキング被害にあるという結果に・・(笑)

たまたまザイフには数万ほどしか入れていなかったのと、そもそもネムしか持っていなかったので一定期間の取引停止だけで済みました。

そしてザイフを運営するテックビューロ株式会社は株式会社フィスコに事業譲渡し、今後は解散をしていくことを表明しています。


そして絶賛爆損中(笑)

その後リップルの価格は上がったり下がったりを繰り返していますが、今となっては100円代にはほど遠い状態をキープし続けています。

2018年は暴落の年でした。今はパワーをため込んでいる時期だと信じて2019年は飛躍の年となると期待しています。

それでもガチホする理由

仮想通貨はまだまだ未来があると思っているから

仮想通貨のプロジェクトは始まったばかりです。リップルでいえば世界中に銀行と提携の話も出てきていますし、今からでも価格が数十倍になる可能性がある通貨だと思っています。ある意味宝くじで1億当てるより可能性があるはずです。

私にとって200万円は非常に大金ですが、長い人生で考えれば大した金額ではありません。それを投資することによって1億円以上の資産を築ける可能性があるのであればチャレンジするべきではないでしょうか。

世間から騒がれなくなったらチャンスだと思っているから

私が仮想通貨をやり始めた頃はニュースでもちらほら聞くようになった頃でした。

また、投資なんて興味も無さそうな知り合いからも仮想通貨という単語が出てくるようになってきました。もうその時点でピークだったのかもしれません。

2017年の盛り上がりからすっかり冷え込んだ仮想通貨市場ですが、もう世間から仮想通貨という話題が出てこなくなってきたような気がします。

もう1度騒ぎ始めるようなときが来るような気がしてなりませんので、2019年は少しずつ買い増しをしていきたいと思います。

チャレンジしたことをターニングポイントにしたい

仮想通貨に200万投じたことは私にとっては大きなチャレンジでした。最終的に失敗?(まだ分かりませんが)したとしても後悔はありません。

むしろここで経験しておいて良かったと思える機会(ターニングポイント)にしたいと思っています。

実際にチャレンジしたことによって、より一層平凡なサラリーマンで終わりたくないという気持ちが強くなりました。

そうした思いから現在ブログ運営をチャレンジすることになったのです。

ブログ運営を必ず成功させて、仮想通貨投資をターニングポイントだったと確信できるように日々邁進していきたいと思います。もちろん仮想通貨の損失は仮想通貨で取り戻しますけどね!