副業を会社にバレないようにするための具体的な方法

副業

会社員の方で副業を始めたいと思う人は多いと思います。その中で必ず考えるのがどうやったら会社にバレないでできるか?

最近では副業解禁の流れがありますが、結局自分の会社の就業規則に副業禁止の項目があれば会社からは認められません。

この記事では、副業をしたいと思っている人、またはすでにしてしまっている人に向けて「会社にバレないように副業をする方法」についてお話ししていきます。

キチンとした確定申告をすることでバレるリスクを抑えられます!

副業しているところを会社の人に見られてバレてしまった・・・は論外ですが、よくあるバレ方としては、住民税の計算における課税所得が本業の給与の割に高額になっていた場合に気づかれるパターンです。

副業の確定申告については所得が20万円を超えたら確定申告をする必要があります。

先ほどのパターンを防ぐには、確定申告をする際に「住民税の徴収方法の選択」という欄で「自分で納付(もしくは普通徴収と記載)」にチェックをすれば、副業分の住民税は自分で支払うことになるので会社にバレにくくなります。

所得の計算方法

所得と収入は違うので注意してください。

所得とは、収入からその収入を得るために使用した「経費」を差し引いた金額のことをいいます。

つまり、副業をするためにパソコンを購入した場合はその機器の代金、学習のために書籍を購入した場合はその書籍代、移動で電車や車を使用した場合はその交通費など、それらを収入から差し引いて残った金額が所得となります。

先ほど、所得が20万円を超えたら確定申告をする必要があると申し上げましたが、この20万円は経費を差し引いた金額という意味になるのです。

正確な所得を算出するためにも、領収書を保管しておくクセをつけ経費を正確に把握しましょう。

マイナンバーのせいで副業がバレやすくなった?

よくマイナンバー制度が導入したことにより副業がバレやすくなったと騒がれていましたが、それは間違いです。

政府広報サイトによると、「マイナンバーは社会保障・税・災害対策の分野の中でも、法律や地方公共団体の条例で定められた行政手続きにしか使えません」とあります。

つまり、会社がマイナンバーから副収入の在り無しを把握することはできないのです。

会社が把握するのは、先ほどご説明した天引きする住民税額であり、それが会社が支払う給与と乖離がある場合に怪しまれるのです。

アルバイトはバレるリスクが高いため注意!

副業としてどこかの会社でアルバイトをする場合、そこで得た収入は「給与所得」となり住民税は基本的に特別徴収となります。そうなると給与天引きとなり会社にバレやすくなります。

また、2社以上から給与所得を受けている場合は、所得が20万円以下でも確定申告が必要となるのでご注意ください。

ちなみに転売の儲けや株の売却益などは「雑所得」いい、前述したように20万円の所得を超えたら確定申告が必要となります。

妻や親の口座を副収入の振込先にすると脱税とみなされる場合も・・・

副業をしている実態を隠すために、妻や親の口座を副収入の振込先にしてしまうと脱税とみなされる場合があるので注意してください。

妻や親が副業を手伝っている場合は、別々に確定申告をすれば問題無いのですが、特に何も関わっていないとしたら問題です。

収入を分けることで課税額が減ってしまうことになるため脱税行為とみなされる場合があるのです。

脱税が発覚した場合は「5年以下の懲役、または500万円以下の刑事罰」が課される可能性がありますので、間違ってもしないように気を付けましょう。

バレにくい副業のやり方4つ

自宅でできるネットビジネス(投資・アフィリエイト・転売など)

自宅で副業をしている分には誰に見られるわけでもありませんので、バレる心配はありません。

また、転売で仕入れをしていても普通に購入しているように見えるので問題無いです。よく見るカゴに大量に本やゲームを入れていても、まあ何とでも説明できます。

そういう趣味を持っているんだと思われてしまうかもしれませんが(笑)

工場勤務や飲食店の厨房などの不特定多数の人の目につかない仕事

副業でアルバイトをするのであれば、表に出る接客などは避けるべきです。

基本的に大勢の目に触れないようなところで働くのがベストでしょう。

夜間の交通誘導員であれば表に出ていても気づかれにくいでしょう。

会社の近くでは働かない

当たり前ですが会社の近くで働いてしまうと、会社の人に見られる可能性が高くなるので避けるべきでしょう。

表に出ない仕事であっても、アルバイト先での出退社する瞬間を見られるリスクがあります。

会社のパソコンで副業をしない

副業に関連するサイトを開いているところを同僚に見られるリスクがありますし、ネットワークの管理者がパソコンの利用履歴などを監視していることからバレてしまうケースもあります。

そもそも勤務中に副業をしていることは、間違いなく本業に支障をきたしているので、相応のペナルティが課せられる可能性がありますのでしないようにしましょう。

リスクは常に頭の中に・・・

以上のように副業をバレないようにするための方法について説明しましたが、どんなに注意を払っていてもバレてしまう可能性があることは頭の中に入れておきましょう。

本業収入よりはるかに少ない副業収入があるせいで、本業に支障が出てしまうことは本末転倒です。

そういったことが心配であれば、会社に一言断りを入れて副業を始めるのも方法の1つです。もしかしたら理解をしてくれて認めてくれる場合もあるかもしれません。

本気で副業を始めていずれは起業したいと思っている人は、開き直って最悪バレてもいいというスタンスで、思いっきり副業に取り組むことも良いかと思います(笑)