FX初心者が勝つには各月の傾向やアノマリーを知って大局を掴もう

FX

こんにちは!アキト@akito_crazyです。

FXではアノマリーというものが存在すると言われています。

そんなもので大事な資金を賭けたくない!と思われるかもしれませんが、何故か不思議とそのとおりになってしまうことが多いのです。

何とも怪しい話ですが、トレンド転換の要素にもなりますので毎回信じる必要はありませんが頭の片隅には置いておいたほうが良いでしょう。

こちらの記事ではFXの各月におけるアノマリーをご紹介していきます。

アノマリーとは?

アノマリー(Anomaly)は、ある法則や理論から見て異常(例外)、または説明できない事象のことをいいます。これは、マーケット(相場)においては、はっきりとした理論的な根拠を持つ訳ではないものの、実際に”よく当たるかもしれない”とされる経験則のことをいいます。

出典:iFinance

つまり、説明がつきにくいけどそのとおりになってしまうことが多い現象ということです。

え、オカルトじゃん!と思ってしまいがちですが、稼いでるトレーダーも意識するアノマリーですので押さえておくことをオススメします。

相場は投資家心理が大きく影響しますので投資家が意識することは覚えておきましょう!

各月の傾向とアノマリー

1月

前年末頃から投機的なトレードが加速し、特に年始は薄商いから相場が荒れやすいと言われています。

2019年の1月3日にはフラッシュクラッシュが発生し一時ドル円が108円台から104円台に急落しました。

アノマリー

1月の第1週の値動きは1月全体の値動きと同じになりやすい

2月

円高に振れやすいと言われています。

後半頃から締日にかけて投資信託の決算月により円買いフローが高まりやすいです。

アノマリー
  • 2月3日に直近の高値をつけやすい(節分天井)
  • 2月全体の動きは1日の動きと逆になりやすい

3月

円高に振れやすいと言われています。

日本企業の決算により中旬頃から締日にかけて円買いフローが高まります。

また、1年をとおして月間の値動きの幅が大きくなりやすいと言われています。

アノマリー

1年で値動きが最も大きい

4月

日本企業の年度初めとなるので3月とは逆に円安に振れやすいと言われています。

また、ゴールデンウィークを控えて日本人が海外旅行に行くことから外貨に交換するため円安になりやすい傾向があります。

一方で短期筋が多くなり方向感が無くなるとも言われています。

アノマリー

3月と逆の動きになりやすい

5月~6月

6月が米英中間決算の時期で早くて5月中旬頃から相場に影響が出てきて、これまでのトレンドと反転しやすいという特徴があります。

アノマリー

セル イン メイ 5月に売れ

こちらのアノマリーは株式市場でよく使われますが、株式市場では5月に天井をつけることが多いと言われています。

この影響によりドルストレートの通貨は反対売買されることが多いと言われています。

7月

7月はポジション解消による短期トレンドの反転の動きが出やすいと言われています。

この傾向はアメリカのインディペンデントデイの前に出やすいです。

また、海外ファンドがサマーバケーションを取得する関係上、市場のボラリティが下がります。

8月

上旬から中旬にかけて円高に振れやすいと言われています

米国債の利払いが行われるため、その利子を円に両替するために起こるというのが理由の1つです。

アノマリー

8月は円高になりやすい

9月

日本企業が中間決算を迎え外貨を円に両替することから円高になりやすいです。

また米国のレイバーデイ過ぎからトレンドがその時に注目されている通貨で形成されやすく12月初旬頃まで続く傾向があります。

ただし、9月にレンジとなった場合は10月頃からトレンド形成される場合もあるようです。

10月

暴落しやすい月と言われています。

1929年10月24日の「ブラックサーズデイ」 1987年10月19日の「ブラックマンデイ」

有名な株価大暴落の日ですが両日とも10月に発生しています。

アノマリー

10月効果 株価が大幅に下がる

11月

11月下旬から12月にかけて手仕舞いムードになりトレンド反転からのレンジ相場になりやすい傾向があります。

11月に入ったら持っているポジションの整理を一度検討するのが良いかもしれません。

12月

欧米企業の決算期により円安に振れやすくなります。

クリスマス以降はトレーダーが休暇に入るため市場参加者が極端に少なくなりボラリティが下がります。

積極的なトレードや深追いは控えたほうが良いでしょう。

参考にした書籍

ガッツリ稼いで図太く生き残る!FX

長年の投資経験から培われたトレード術を紹介されていますので大変参考になりました。

他にも相場の特性などを解説していますので投資初心者にはオススメの1冊です。

FXプロの定石

こちらの本も相場のプロである川合美智子さんが書かれた本です。

川合美智子さんは東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)で伝説の為替ディーラーと言われた若林栄四氏の下で罫線分析を研究して習熟されました。

そのトレード術も惜しみなく紹介されていますのでプロのFXのやり方を知ることができます。

最後に

為替相場はそのときの政治状況等にも左右されますので、アノマリーだけに頼って取引することはオススメしません。

しかし、決済のタイミングを掴むときに1つの判断材料として活用することで、利益を確保し損失を最小限に抑えることにも繋がりますのでトレーダーは必ず覚えておきましょう。

アキトも使用しているDMMFXの口座開設はコチラ

  • 業界最低水準のスプレッド
  • 使いやすいアプリと見やすいチャート画面
  • 今ならなんと20,000円のキャッシュバックキャンペーン実施中!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓