Amazonのaudible(オーディブル)で本を1冊無料で聴いて分かったメリットとデメリット

ライフスタイル

こんにちは!アキト@akito_crazyです!

先日お試し登録をしたAmazonのaudible(オーディブル)で本を1冊聴き終えたので、本を聴くことのメリットとデメリットについて記事にしてみました。

まだ「本を聴く」ことを体験したことが無い方は参考にしてみてください。

お試し登録すれば無料で1冊もらえる!!

audibleはお試し登録をすればなんと本が1冊もらえます!!

私は堀江貴文氏の「多動力」をもらいました!

これをaudibleで普通に購入すると2,500円かかってしまいます。

やはり声優が朗読して「聴ける本」を作っているので、紙の本よりは割高な価格設定となっているのです。

通常は月額1,500円で会員になることができ、会員になると毎月本が1冊交換できるコインが1枚配られます。

これだけでも十分お得なのですが、この他にも会員のみの無料コンテンツの朗読サービスの利用もできます。

もし登録してから自分に合わないと感じたら、いつでも解約できますので気軽に始めてみても良いでしょう。

利用もお試し登録から1ヵ月以内であれば、先ほどの月額1,500円もかかりませんので安心です!

まずはコチラからお試しを!

audibleを利用して感じたメリット

車の移動時間が無駄にならない

私がaudibleを聴いたのはすべて車の運転中です。

仕事柄片道1時間ほどかけて行く取引先があるのですが、その時間をaudibleで本を聴く時間に充てられました。

いつもはラジオや音楽を聴いていたのですが、ラジオであればたいして興味の無い内容だったり、音楽も無音が嫌だから何となくかけていたというのが実際のところです。

今思うと何とも生産性も無い時間を過ごしていました。

audibleで「多動力」を聴いていたら、仕事のスキマ時間にしっかりインプットすることができて有意義な時間を過ごすことができました。

それと同時にサラリーマン辞めて起業したくなりました!(笑)

耳だけを使っているので疲れない

「本を聴く」という体験をして気づいたのですが、耳だけ使っていると疲れないです。

これは私の場合ですが、普通に紙の本を読んでいると腕が疲れてきたり、体勢がキツくなってきたり、目で字を追うことに疲れてきたりと、休憩を小まめに入れないと長時間読み続けるのは難しいです。

寝っ転がって本を読むのも好きなのですがあれが一番腕が疲れるんですよねぇ。

その点、audibleであれば寝っ転がって聴いても本当リラックスしながらできるでしょうし、車の運転など何かしながらでも不自由なく聴くことができます。

サクッと1冊読めてしまう

私が聴いた「多動力」であれば3時間ちょっとで聴けてしまいます。

こちらの本を実際に触れたことがある人であれば分かるのですが、「多動力」も一般的な本の1冊分くらいの文量はあります。

つまりぶっ続けで朗読すれば3時間ちょっとで読めてしまうんです!

これには私もびっくりしました。

なぜなら朗読のスピードって黙読のスピードより遅いはずです。

それなのに3時間ちょっとで読み終わってしまうってすごくないですか?

これだと黙読であれば2時間くらいで読めてもおかしくないですよね。

私の場合ですが、なぜそれより時間がかかってしまうかは、やはり紙の本を読むと色々と疲れることが原因にあるのだと思います。

そういった意味ではスキマ時間を活用して効率よく疲れることなく本を読める(聴ける)audibleは素晴らしいです。

audibleを利用して感じたデメリット

聞き逃してしまうことがある

ふと注意が違うほうに向いていると聞き逃してしまうことがよくあります。

また、どこまで聞いたのかを確認するにしても、一度巻き戻して聞かないと分からないので若干面倒なところはあります。

まあ聞き逃さなければ良いのですが・・

でも目次もついてますので聞き逃してしまったときや、もう一度聞きたいときは探しやすいとは思います。

大事なところにメモ書きができない

これは音声なので当たり前ですが、大事なところにメモ書きやマーカーを引いたりはできません。

なので覚えておきたいことがあった場合は、毎回メモ帳に記録していくことになります。

これが運転中だとメモをとることが難しいし、ある程度聞き終わった後にメモをとろうとすると思い出せないこともあります。

試し読みができないため失敗する可能性がある

私は紙の本を購入するときはよく書店に行って実際に本を手に取って内容を簡単に確認します。

そうすることでどのような内容が書かれているかおおよそ分かりますし、文字や絵の入れ方などで自分に合っているかも確認できます。

しかし、audibleの場合はそうはいきません。

一応音声サンプルはありますが、声優がどのような声でどのような感じで朗読しているかを確認する程度です。しかも全てにサンプルがある訳ではありません。

つまり内容を簡単に確認することができないため、購入してから思っていた内容と違うと思ってしまうリスクがあるのです。

もし購入した本がイメージと違っていたら・・・

なんとaudibleは本の返品・交換ができるのです!

しかも全て聞き終わった後でも気に入らなかったら返品できてしまうのです。

音声データなので不思議な感じはしますが、そういった素晴らしいサービスもあるので失敗を恐れずに気になった本を購入できるようになっています。

しかし、返品にも回数制限があるようで5回~10回ほどのようです。

回数に差があるのは明確な基準が無いため詳しくは不明です。

しかし、Twitterなどの情報によると人によってバラつきがあるようです。

最後に

audibleを利用する前は音声で本を聴くなんて邪道だと思っていましたが、実際に使ってみると大変便利で今ではかかせないものとなっています。

とにかく車の運転が楽しくなりましたし、スキマ時間を有効活用できていることから時間の使い方を意識するようにもなりました。

冒頭にお話ししたとおりaudibleは1か月間お試し登録ができるので、少しでも興味のある方は登録をしてみてください!

実際に自分で聴いてみないと分からないことが多いと思いますよ♪

Audibleの登録はコチラから