【2018年12月最新】Googleアドセンス審査に17回不合格だった私が合格するまでの全記録を公開!!

ブログ

訪問頂きありがとうございます。

この記事をご覧になっているということはGoogleアドセンス審査に合格できずに悩んでいる方や、これからアドセンス審査に挑戦しようと思っていて情報収集しようとしている方のどちらかだと思います。

特に、何度もアドセンス審査に不合格になってしまっている方!大丈夫です!

タイトルのとおり、私はアドセンス審査に17回も不合格となり、諦めずに続けていた結果、2018年12月に執念の合格を果たしました!実に4ヵ月かかりました(汗)

今考えるととても回り道をしていたと感じています。この記事を読んでくださった方には、私と同じように回り道をせずにぜひ合格を掴んで欲しいと思います。

この記事ではアドセンス審査に合格するために悪戦苦闘した記録を全て公開しますので、少しでもお役に立てられれば幸いです。

なぜGoogleアドセンスの取得が難しいのか

Twitterでアドセンス審査と検索するだけで、アドセンス審査に合格できない方の悲鳴が数多く見ることができます。

以前は日記のような記事でも合格できた時代があったようですが、どうやら2016年頃から審査基準が厳しくなり、審査に落ち続けるアドセンス難民が多数発生する事態となっているようです。

なぜこのように落ち続ける人が続出する一番の理由は、「詳細な審査基準が公開されていない」ことがあげられます。

正確に言うと、Googleからは審査に必要な水準や書いてはいけない内容等は公開されていますが、実際に記事を作成するための実務レベルまで詳細に書かれていないために基準が分からないと言ったところでしょうか。

例をあげると、私がアドセンス審査に不合格だったときのGoogleから来たヒントに「サイトのコンテンツについて、ユーザーが真っ先にアクセスしたくなるような、独自性と関連性の高いものにしてください」というものがありました。

うーん、これだけで品質の基準が分かるような方はほとんどいないのではないでしょうか・・・

このためネット上では、こうすれば合格する!とか様々な情報が錯綜している状態となっているのです。

しかし、Googleが公開している審査基準(ポリシー)については一度目をとおしたほうが良いのは間違い無いので以下のリンクから参考にしてみてください。

アドセンスプログラムポリシー

この記事でも私が考えるアドセンス審査に必要なことをお伝えしていきますが、あくまでも審査基準についてはGoogleにしか分かりませんので、1つの参考事例にしてもらえればと思います。

審査に使用した記事も全て公開しますので参考にしてください。明確な審査基準が無い以上、合格した人のブログ状況を見るのが一番参考になると思います。

審査不合格の対策

審査不合格の対策について代表的な2パターンお伝えします。

コンテンツ不足

私はこちらには該当したことが無かったのですが、記事数や文字数の不足により不合格となるケースも多いようです。

こちらはとにかく記事を量産するしか無いと思います。

アドセンスに合格するための情報を収集するためにかなりネット上の記事は読みましたが、コンテンツ不足については記事数・文字数を増やすことで合格している方が多く見受けられました。

また、記事がGoogleにインデックスされているかも確認してください。インデックスされていないと公開されていない状態となります。

Google検索で「site:○○○←記事のURL」で検索してみてください。検索結果に表示されていなければ公開されていないことになります。

そのときはGoogleサーチコンソールにてインデックスの処理をしてください。

インデックスの仕方については以下のサイトに詳しく書かれていますので参考にしてください。

新しく書いた記事を5分以内にGoogleにインデックスさせる方法

プログラムポリシーに準拠していない

恐らくアドセンス審査に落ち続けている人のほとんどがこちらのパターンなのではないかと思います。私もそうでした。

コンテンツ不足であればひたすら記事を書けば良いのですが、こちらに該当してしまった場合は記事を増やしても解決には繋がらない可能性が高いので本当に厄介です。

もしかしたらサイトの品質面で記事数が必要な場合もあるかもしれませんが、記事を増やした分、どの記事がポリシーに準拠していないのか探すのも大変になってくるのでドツボにはまる可能性があります。

こちらに該当した場合は、新しく記事を投稿していくではなく、まずポリシー違反に該当しそうな記事や文章を削除・変更していく作業を始めることをお勧めします。

アドセンス審査全記録

それでは私のアドセンス審査の全記録について記載していきますので、しばし私の絶望を感じながら参考にしてみてください(笑)

審査1回目

7月1日にブログを始めて、20日には1回目のアドセンス申請をしました。今思えばこのときが一番ワクワクしていたのかもしれません。

このときにアドセンス審査については事前に情報収集していましたので、巷で言われる最低限の状態にはなっていたかと思います。

ちなみに申請までの期間にAmazonアソシエイトの審査には合格していました。

ブログ状態は以下のとおりです。

自己啓発系の雑記ブログ

記事数 9記事

文字数 平均2,000文字

カテゴリー 3つ

アフィリエイトリンク有(4記事ほど)

プロフィール有

プライバシーポリシー有

お問合せフォーム有

サイトマップ有

Googleアナリティクス導入

Googleサーチコンソール導入

有料テーマ「SWALLOW」

審査2回目

2回目以降は対策内容と記事数・文字数について公開していきます。

自己啓発系の雑記ブログ

記事数 14記事

文字数 平均2,200文字

対策内容

禁煙の方法などについて記載した記事が3つほどあったのですが、これが禁止コンテンツのタバコに関連する記事に該当するかもしれないと考え記事を削除しました。ちなみにプログラムポリシーでは禁煙に関する内容はOKとされていますが念のためです。

さらに記事数・文字数を増やし申請。

また、念のためアフィリエイトリンクも全て外しました。

審査3回目

自己啓発系の雑記ブログ

記事数 22記事

文字数 平均2,500文字

対策内容

副業をテーマにした記事が3つほどあったのですが、これがGoogleの検索品質評価ガイドラインの「YMYL」に該当するのではと疑いました。

YMYLとは「Your Money or Your Life」の略で、要はお金や健康に関することは高度な専門性や権威が伴った人が書いた記事でないと信憑性が低いことからポリシー違反になる可能性があるということです。

このため副業に関する記事を3つほど削除して、さらに記事数を追加して申請しました。

審査4回目

自己啓発系の雑記ブログ

記事数 45記事

文字数 平均2,200文字

対策内容

ここまでくると何が原因かさっぱり分からなくなってきて、とにかく記事を量産することにシフトしていきました。

また、申請まで2週間空けたほうが良いという情報もあったので2週間空けてその期間に記事を量産して挑みました。

審査5回目

自己啓発系の雑記ブログ

記事数 51記事

文字数 平均2,200文字

対策内容

プロフィールの文字数が300文字程度だったのを2,000文字程度まで増やしてみました。

また、プライバシーポリシーが完全にコピペだったので、もしかしたらコピーページに該当?と思って言葉尻を変えたりしていました。多分これには意味は無かったと思われます。

審査6~10回目

自己啓発系の雑記ブログ

記事数 30記事

文字数 平均2,400文字

対策内容

これ以上記事を増やしていくことに意味は無いと思うようになり、少しでもポリシー違反になりそうな記事や内容の薄い記事を段階的に削除して申請していきました。この時点で51記事から30記事まで減らすこととなりました。

せっかく時間かけて書いて勿体無いので一応バックアップはとっておきました・・

審査11回目

自己啓発系の雑記ブログ

記事数 22記事

文字数 平均2,400文字

対策内容

いいかげんどうすれば良いか分からなくなってきたので、アドセンスのヘルプフォーラムに相談してみました。

「全体的に独自性が無いのでアキトさんの経験からくることを書いた記事を作成してみてはどうですか?」とアドバイスを頂きました。

そこで商品のレビューや経験に基づいた記事を数記事作成しました。

これまでこういった相談に何回もアドバイスをしている方に相談できるので、一度利用してみるのも良いでしょう。

AdSenseヘルプフォーラム

審査12~17回目

商品レビューブログ

記事数 7記事

文字数 平均2,500文字

対策内容

ヘルプフォーラムでアドバイスを頂いたことを基に独自性が無いと思われる記事をどんどん削除していき、変わりに商品レビューや経験談の記事を作成していきました。

これまで自己啓発を中心に書いていた記事はレビュー記事が中心となり、ブログ自体のテーマもガラリと変わりました。

しかし、全然受からない(笑)

記事を増やしたり削除したりして都度申請をしていく・・・そうしていく内に51記事あった記事は最終的に7記事までに減っていきました。

明らかに申請してから審査結果が出るまでのペースが速く(この頃は10時間以内には結果が来ていた)、申請しすぎて機械的に落とされているのではないかと疑ってしまうほどでした。

そのような状態だったので、本当は面倒でしたくなかったのですが審査用のブログとしてもう1つサイトを作成することにしました。

最終的にはそのサイトで1発合格を果たすことができたので、もっと早くそちらの路線に切り替えれば良かったと後悔しています。

審査18回目~ついに合格~

ランニングブログ

記事数 7記事

文字数 平均2,600文字

カテゴリー 3つ

アフィリエイトリンク無

プロフィール有

プライバシーポリシー有

お問合せフォーム有

サイトマップ有

Googleアナリティクス導入

Googleサーチコンソール導入

有料テーマ「SWALLOW」

対策内容

これまで作成していたサイトは記事の統一性が無かったので、今回はランニングブログとしてランニングに関連した記事のみで構成してみました。

当サイトに記事も残っていますのでどのような構成でサイトを作っていたのかこの後リンクを貼りつけて公開していきます。

7記事作成した時点で試しに申請。ドキドキしながら結果を待っていたのですが、ん?来ない。

これまで長くても1週間以内に結果が来ていましたが、今回は3週間たっても結果が来ませんでした。新しいサイトだからなのか全く来る気配がありません。

痺れを切らしてアドセンス審査状況確認フォームで問合せしてみました。

するとその2日後に・・・

ついに合格したー!!

ポップコーンの少年を拝みたくて頑張ってきたので、何故か女の人が笑っているのは腑に落ちませんでしたが、かなり苦戦した分めちゃめちゃ嬉しかったです。

合格時のブログの記事構成公開

結局審査用に作成した当サイトを雑記ブログとしてそのまま使ってみることにしました。まだ合格したばかりで今でも記事は残っていますので、当時のカテゴリー分けとともに紹介していきます。

カテゴリー① 練習方法

雨の日でもランニングできる!必要な準備と注意点について

2018年11月6日

ランニング中の膝の痛みと上手く付き合っていく方法

2018年11月6日

Nike+RunClubというランニングアプリで記録していくことで継続しなかったランニングがどんどん面白くなる件

2018年11月7日

カテゴリー② お勧めアイテム

ランニングが趣味の私がApple Watch3を1年間ランニングウォッチとして使用した感想を語る

2018年11月8日

ランニング用にBluetoothイヤホンを購入したのでレビューする

2018年11月9日

ランニング用に「EOTWランナーウエストポーチ」を購入したらとても便利だったので紹介します

2018年11月13日

カテゴリー③ マラソン大会

ぐんまマラソンの大会の特徴やフルマラソンのコースの解説

2018年11月10日

審査時から加筆・修正はしていませんので、合格したときのそのままの状態になります。参考にしてみてください。

審査に合格してみて思ったアドセンス審査に必要なこと

最後にまとめとして、私が思うアドセンス審査に必要なことをお話ししていきます。

少し前にも申し上げましたが、あくまでも審査基準はGoogleにしか分からないので、個人の意見として参考にしてもらえればと思います。恐らく全く見当違いなこともあると思いますので1つの例として考えてもらえたらと思います。

ブログジャンルは絞ったほうが良い

最終的に雑記ブログにしたくても、アドセンス審査時はジャンルを絞ったほうが良いように感じます。

私も最終的に審査用ブログを作成してジャンルを絞ったことにより合格できました。

サイトに統一性があったほうが評価が高いのかもしれません。

自己啓発系サイトは通りにくい?

当ブログの前に作っていたブログでは自己啓発系を中心に書いていました。例えば、こうすれば仕事が捗るとか、こうすれば人間関係が良くなるとか、そういった内容です。

これらの自己啓発系の記事構成では独自性の観点から通りにくい気がしています。

何故なら似たような記事がネット上にたくさんありますからね。やはりアドセンス審査時には別の記事を書き、審査に通ってからそれらを書くことをお勧めします。

画像を使って分かりやすく説明する

画像を使いすぎるのもどうかと思いますが、必要なところには画像はどんどん使うべきだと思います。

文章だけだとイメージしにくいことも画像を使えば分かりやすくなる場合もありますし、単純に見栄えが良いです。

フリー画像も使っていましたが、できるだけ自分で撮影した画像を使うのが良いのかもしれません。

GoogleMapを埋め込む?

これはかなり憶測なのですが、GoogleMapを埋め込むと評価が上がる説が私の中であります。

インターネット上で公開されている審査用ブログ等をいくつも見ましたが、どれもGoogleMapを使って場所の説明している記事がありました。

画像以外で分かりやすく説明すると言ったら確かに地図が良いのかもしれません。やはり自社サービスを使ってくれると評価が高いのか?

見当違いだったらごめんなさい(汗)

落ち続けるようであれば審査用ブログを作ってみる

連続で落ち続けてもう何を修正すればいいか分からない方はもう1つ新しいブログを作ることをお勧めします。

今思うとこれだけ苦戦する前に審査用ブログを1つ作っていればもっと早く合格できたかもしれません。

しかし、当時の私は新しくブログを立ち上げるのが面倒で仕方なく、最後の最後の手段と考えていました。

確かに、最初のブログを立ち上げるときは分からないことばかりでかなり時間を使いましたが、2回目ともあれば1日ですぐに立ち上げることができました。

コスト面でもドメイン代が余分にかかるくらいなので年間1,000円程度のコスト増で済みます。

ブログ立ち上げで1日ロスしますが、同じブログで闇雲に行動するより未来があるかもしれません。

また、記事の修正や削除で時間を取られるくらいなら、さっさと新しいブログを立ち上げてどんどん新しい記事を更新したほうが記事作成のレベルも上がるはずです。

もちろん1つのブログで合格できたほうが良いですから、やれるだけのことを試してみてから検討してみてください。

最後に

私自身アドセンス審査にめちゃくちゃ苦戦したので、まだ合格していない方に少しでも参考にしてもらえれば幸いです。

もし落ち続けてモチベーションが下がっている方は以下の記事も参考にしてください。記事作成を継続させるための考え方について書いています。

アドセンス審査に落ち続けても気にしない!記事作成を継続させるための考え方

2018年12月18日

また、私で良ければアドセンス審査のアドバイスはや質問の回答はできますので、Twitterをフォローして頂きコメントもらえれば対応させて頂きます!